スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

静岡)加藤学園・藤枝明誠ともに敗退 秋季東海高校野球

2019年11月3日03時00分

シェア

 第72回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高校野球連盟主催)は2日、岐阜県の長良川球場で準決勝2試合が行われた。加藤学園は県岐阜商(岐阜1位)に3―4で延長十回サヨナラ負け、藤枝明誠は中京大中京(愛知1位)に5―12でコールド負けした。県勢の選抜出場は厳しくなった。

 ■強豪破り「成長」 最後は悔しさも 加藤学園・肥沼投手

 同点で迎えた延長十回裏、加藤学園のマウンドは一人で投げ抜いてきたエースの肥沼竣君(2年)。県岐阜商を相手に1死満塁のピンチ。投げたのは外側低めの真っすぐ。高くバウンドした球は左前へ抜けサヨナラ負けした。

 甘い球を逃さない県岐阜商の強力打線に対して、初回から低めの厳しいコースを意識した。だが、六回以降制球が乱れ、3点を失って追いつかれた。十回も安打と四球で満塁のピンチを招いた。肥沼君は「なにかあと一つが足りなかった」とくやしさをにじませた。

 成長もあった。初回に失点することが多かったが、東海大会の準々決勝は無失点。この日も「後半のことは考えずに飛ばしていこう」と初回から全力投球し、五回まで無失点で抑えた。県大会では強豪を連破し、選抜大会に手が届く試合まで勝ち上がった。肥沼君は「成長を感じた大会だった」と話した。(和田翔太)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン