スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

島根)県代表の3校、準々決勝で姿消す 高校野球

2019年10月29日03時00分

シェア

 第133回秋季中国地区高校野球大会(中国地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は28日、コカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク野球場(鳥取市)で準々決勝2試合があり、倉敷商(岡山)、広島新庄(広島)が4強入りを決めた。

 準決勝2試合は11月2日にどらやきドラマチックパーク米子市民球場(鳥取県米子市)で予定されている。

 ■倉敷商―矢上

 矢上は倉敷商(岡山)に土壇場で2度追いつく粘り強さを見せたが、延長戦で競り負けた。県代表の3校は準々決勝で姿を消し、4強入りを逃した。

 矢上は2点を先行された二回、2死満塁で秋田成輝君(1年)の右前適時打で追いつく。均衡を破ったのは矢上。六回に連打で無死一、三塁とし、福田駿君(2年)がスクイズ。送球が乱れる間に三塁走者が生還し勝ち越した。続く七回、三浦千聖君(2年)の適時打で1点加えた。

 しかし、八回、好投のエース上田寛人主将(2年)の球が高く浮き出した。この回4本の二塁打を浴び4失点と逆転を許した。

 2点を追う九回。2死で三浦君に打順が巡った。ここまで3安打と好調。「自分が出るしかない」と内角直球を振り抜いた。詰まった打球が遊撃手の悪送球を誘い、滑り込みセーフ。次打者が四球でつなぐと、代打佐々木義光君(2年)が送り出された。「いつも九回2死で出場し、最後の打者になって悔しい思いをしてきた」。緊張を抑えるため、ひとつ屈伸をして打席に。初球を強くたたき右前安打。2者が生還し、試合を振り出しに戻した。

 十回表に本塁打で3点を勝ち越されたが、裏の攻撃で脅威の粘りを見せる。

 上田君の安打などで1死二、三塁とし、日野心瑛君(2年)が右中間を破る2点適時二塁打を放ち1点差。2死三塁となり、三浦君が打席に。自他ともに認める「クラッチ・ヒッター」。外角直球をはじき返し、再び追いついた。「チームの諦めない気持ちが強くなっていた」と振り返る。

 十一回に1点を勝ち越され敗れた。

 上田君は「昨年出場すらできなかった中国大会で8強入りできたのは成長の証し。走塁など技術的に及ばなかった部分は伸びしろと捉えて練習に取り組んでいきたい」と前を向いた。(清水優志)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン