スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

島根)平田、出雲西は敗退 秋季中国高校野球

2019年10月28日03時00分

シェア

 第133回秋季中国地区高校野球大会(中国地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は27日、どらやきドラマチックパーク米子市民球場(鳥取県米子市)で準々決勝2試合、コカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク野球場(鳥取市)で1回戦2試合があった。平田(島根)、出雲西(同)は敗退。高川学園(山口)、広島新庄(広島)は準々決勝進出を決めた。

 28日はコカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク野球場で準々決勝2試合がある。

 ■積極走塁、相手揺さぶる 平田・保科陽太主将

 4点を追う五回表、先頭がバント安打で出塁し、次打者が犠打。1死二塁の好機で平田の一番打者、保科陽太主将(2年)を迎えた。「三塁手が後ろに下がっている」。初球にセーフティーバントを仕掛けると、保科君の足が相手の悪送球を誘い、二塁走者が生還した。「まだ諦めない。一点一点詰めるしかない」。小技に優れた平田らしい得点を奪った。

 保科君はこの試合、第一打席に内野安打で出ると、相手投手のモーションが大きいと見てすかさず二盗。先制点を呼び込んだ。尾道商との1回戦でも、三塁走者として二塁牽制(けんせい)のわずかな隙を突き本塁を陥れた。「いつも練習しているプレー」。チーム全体の積極的な走塁を導いた。

 だが、チームは打撃力の差を見せつけられ、悔しい逆転コールド負け。保科君は走塁で相手を揺さぶることができたことを収穫に挙げつつ、長打力不足を課題とした。「相手は同じくらいの身長でも、体の厚みや足の太さが違う。冬の間に体を大きくしてスイング力を上げたい」。夏の大会での雪辱を誓った。(清水優志)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン