スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

愛知)中京大中京が4強入り 秋季東海高校野球

2019年10月28日03時00分

シェア

 第72回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高校野球連盟主催)の準々決勝が27日、岐阜県の長良川球場と大垣市北公園野球場であった。愛知1位の中京大中京は津商(三重2位)に7―0でコールド勝ちした。愛工大名電(愛知2位)は県岐阜商(岐阜1位)に3―5で、豊川(愛知3位)は藤枝明誠(静岡1位)に4―6でそれぞれ敗れた。準決勝は11月2日に長良川球場であり、中京大中京は藤枝明誠と対戦する。

 ■9番の一打、猛攻の流れ作る 中京大中京・村上遼雅君

 今夏の選手権愛知大会から出場していた選手が上位打線でチームを引っ張る中京大中京。一方、秋からメンバー入りした選手も着々と力を伸ばしている。この日は、9番の村上遼雅君(2年)が猛攻の流れを作る一打を放った。

 二回、内野ゴロでこの試合の2点目を取ったところで打順がきた。2死走者なし。普段はバントなどで先頭につなぐようにしているという村上君は、バントの構えで初球を見てタイミングが合うと感じた。

 試合前「気負わず楽にやってこい」と高橋源一郎監督に言われて肩の力も抜けていた。2球目を振り抜くと、打球は中前へ。公式戦では1年生大会以来だという安打にベンチは盛り上がる。勢いづいた打線は、この回5点を挙げた。

 高橋監督は「村上は俊足で機動力がある。三塁手としてもよく球を処理してくれる」とたたえる。村上君は「自分の持ち味は足。次も塁にでて、相手をかきまわしたい」とはにかんだ。(小松万希子)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン