スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

三重)県勢4強入りならず 秋季東海高校野球

2019年10月28日03時00分

シェア

 第72回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高校野球連盟主催)は27日、準々決勝4試合が岐阜県内の2球場であった。この大会で初戦となる近大高専(三重1位)は加藤学園(静岡2位)を相手に本塁打2本を絡めて接戦を繰り広げたものの、延長の末に4―5で惜敗。津商(三重2位)は中京大中京(愛知1位)に0―7でコールド負けを喫した。来春の選抜大会出場校を決める判断材料となる大会で、県勢3チームの4強入りはならなかった。準決勝2試合は11月2日、決勝は3日にいずれも長良川球場で予定されている。

 ■フルスイング実った 近大高専・松谷啓司選手

 1点を追う九回裏、近大高専の先頭打者、松谷啓司選手(2年)は打席でバットを強く握った。「空振りでもいいからフルスイングでいけ」との重阪俊英監督の言葉通り、初球を思い切り振り抜いた。

 「いった」。球が当たった瞬間の感覚で本塁打を確信した。打球は右翼スタンドへ。ベンチのほうに目をやると、チームの仲間たちが総立ちして喜んでいる。「チームに勢いをつけることができてほっとした」

 秋の県大会では、4試合に出て計11打数無安打と振るわなかった。打てなかったことを引きずったまま練習していたとき、重阪監督から「どんな球でもフルスイングでやってみろ」とアドバイスを受けた。「打ちたい」。その一心で全力でバットを振り続け、寮に帰ってからも30分のスイング練習を重ねた。

 この日は7番、三塁手で先発出場。常にフルスイングで勝負に挑んだ。その結果、4打数3安打。九回の本塁打以外に、七回には左翼手の頭を越える二塁打も放つ活躍ぶりだった。

 チームに貢献できたことが何よりもうれしい。「試合でつかんだ手応えを忘れず、もっと打てるバッターになりたい」(大滝哲彰)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン