スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

群馬)健大高崎が初優勝 秋季関東高校野球

2019年10月28日03時00分

シェア

 第72回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟主催)の決勝が27日、前橋市の上毛新聞敷島球場であり、健大高崎(群馬3位)が山梨学院(山梨1位)を3―0で下し、初優勝した。群馬県勢の優勝は1979年の東農大二以来40年ぶり。健大高崎は11月に開かれる明治神宮野球大会(東京・神宮球場)に関東地区代表として出場する。

 ■公式戦初先発で完封 健大高崎・橋本拳汰投手

 関東の頂点をつかんだこの日の健大高崎のマウンドを終始守ったのは、背番号11の橋本拳汰(2年)だった。公式戦初先発。前日の試合後、突然言い渡された。準決勝まで2試合連続完投勝ちのエース下慎之介(2年)の姿に、「自分もやるしかない」と腹をくくってマウンドに立った。

 1回戦の常総学院(茨城)戦では五回から救援。得意の直球で無失点に抑えた。その自信が心の支えだった。「しっかり立って、俺に背番号が見えるように腰をねじって投げてくれ」。試合前、主将で捕手の戸丸秦吾(2年)に言われた。191センチの長身から投げ下ろす角度のある鋭い直球で、三振を取りやすくするためだった。

 戸丸の言う通り、直球を中心にテンポ良く投げ込んだ。構えられたミットめがけて一直線。淡々と投げ、サインに首を横に振ることはなかった。三塁を踏ませたのは五回2死から連打を浴びた場面だけ。そのピンチは、中堅手戸沢昂平(2年)の好返球で本塁で刺し、助けられた。

 新チーム発足時から「柱になる投手が必要」と話していた青柳博文監督(47)は「1人の投手に頼りきりでは甲子園で勝てない。大会を通じて橋本が大きく成長し、堂々と投げてくれたのは頼もしかった」。

 ただ、本人は「エースにはまだ遠い」と話す。スタミナや制球の課題も見えたという。「下を超えるくらい、相手を抑えられる投手になりたい」。勝利を胸に、成長を誓った。(松田果穂)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン