スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

山梨)山梨学院が準V 秋季関東高校野球

2019年10月28日03時00分

シェア

 第72回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催)は27日、前橋市で決勝があり、山梨学院(山梨1位)は健大高崎(群馬3位)に0―3で敗れた。準優勝で大会を終えたが、来春の選抜大会出場に向けて大きく前進した。初優勝の健大高崎は、11月15日から東京都で開かれる明治神宮野球大会に関東地区代表として出場する。

 ■「打力上げ、勝てるチームに」 山梨学院・功刀史也主将

 山梨学院の功刀(くぬぎ)史也主将(2年)は、準決勝まで2番だった打順が、今大会無安打で迎えた決勝で9番に下がった。

 この日も第1打席は遊飛で凡退した。2点を追う五回。2死一塁で、第2打席が回ってきた。

 初球。快音が響く。

 内角の直球をバットがとらえ、打球は右翼手の前まで転がった。今大会の初安打だ。2死一、二塁へと好機を広げた。

 「(準決勝まで)チームには迷惑しかかけていなかったから、なんとか打ちたかった」

 続く渡辺嵩馬(しゅうま)選手(2年)も外野へ安打をはじき返し、二塁走者が一気に本塁を狙う。だが、ここまでだった。得点圏に走者を置く好機は二度と訪れなかった。

 これまでと変わらず「つなぐ役割」を果たす。そう心に決め、功刀主将は決勝のグラウンドに立った。

 あの右前安打は唯一の証しだ。

 「キャプテンの自分が打って、もっとチームを引っ張らないといけなかった」と、試合後は悔しさをにじませつつ、言い切った。

 「この冬は徹底的に打力を上げて、勝てるチームにしたい」(玉木祥子)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン