スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

徳島)徳島北、城東は敗れる 秋季四国高校野球

2019年10月28日03時00分

シェア

 第72回秋季四国地区高校野球大会(四国地区高校野球連盟主催)は27日、徳島県のオロナミンC球場(鳴門市)とJAアグリあなんスタジアム(阿南市)で準々決勝があり、岡豊(高知2位)、尽誠学園(香川1位)、明徳義塾(高知3位)、高知中央(高知1位)が4強入りした。準決勝は11月2日にオロナミンC球場であり、午前10時から岡豊と尽誠学園が、午後0時半から明徳義塾と高知中央が対戦する。

 ■狙いが的中、初の柵越え 徳島北・古川壱翔選手

 1点を追う一回裏。左打席に入った徳島北の先頭打者、古川壱翔(いっと)君(2年)は5球目の直球を鋭く振り抜いた。右翼手は越えたと思った。「何とか三塁まで行こう」。つんのめって手をついて走り出し、一塁を回ったところで打球がスタンドに届いたのが見えた。

 これまで練習試合のランニング本塁打1本だけ。柵越えは初めてだった。住吉圭吾監督も「予想外」と言う一発で、試合を振り出しに戻した。

 21日の組み合わせ抽選後、明徳義塾の左腕、新地智也君(2年)に照準を合わせた。苦手意識をなくそうと、ほとんどの時間を左投手での打撃練習に費やした。新地君の投球をビデオで見て、内角球に的を絞った。第一打席でいきなり狙い通りの打撃ができた。

 それでも、「自分は長打よりも、塁に出てチームを勢いづける」。役割は変えないつもりだ。(高橋豪)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン