スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

奈良)天理が奈良大付下し4強へ 秋季近畿高校野球

2019年10月28日03時00分

シェア

 秋季近畿地区高校野球大会(近畿地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は27日、奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムで準々決勝3試合があった。大阪桐蔭(大阪1位)、天理(奈良3位)、履正社(大阪2位)がそれぞれ勝ち、4強入りした。準決勝は11月2日に同スタジアムであり、第1試合(午前10時)は智弁学園(奈良1位)―大阪桐蔭、第2試合(午後0時半)は天理―履正社の対戦。

 ■猛打不発、雪辱を誓う 奈良大付・山本陸君

 猛打で勝ち進んできた奈良大付が今秋初めて無得点で敗れ、近畿大会から姿を消した。連打が強みの打線はさえなかった。

 1回戦の近江(滋賀1位)戦で、本塁打を含む4安打だった4番で捕手の山本陸君(2年)。六回表に14点差をつけられ、コールド負けのピンチに。その裏、2死で回ってきた打席は中飛となり、思わず天を仰いだ。「とにかく塁に出たかった……」。苦手なコースを突いてくる投球に苦しんだ。

 チームは三つの失策に加え、自身も捕手として投手の暴投を止められず失点につながったことを悔いた。「(天理は)内野ゴロを確実にアウトにして、投手も四球を出さない。守備の力の差を大きく感じた」。秋県予選のシード決定戦では、天理に勝利していた奈良大付。山本君は「(大事な場面で力を出せる)心が足りない」と繰り返した。

 だが、この結果に悔やんでばかりもいられない。「甲子園の大歓声の中でプレーがしたい。もう一度リベンジしたいです」。きっぱりと言った。(平田瑛美)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン