スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

静岡)藤枝明誠と加藤学園が準決勝へ 秋季東海高校野球

2019年10月28日03時00分

シェア

 第72回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高校野球連盟主催)は27日、岐阜県の長良川と大垣の2球場で準々決勝が行われた。県大会優勝の藤枝明誠は豊川(愛知3位)に6―4で勝ち、加藤学園(静岡2位)は近大高専(三重1位)に延長の末競り勝った。準決勝は11月2日。藤枝明誠は中京大中京(愛知1位)と、加藤学園は県岐阜商(岐阜1位)と対戦する。

 ■ここぞの場面で中軸の面目躍如 藤枝明誠・斉藤龍幸投手

 豊川に1点差まで追い上げられた九回表、1死満塁の好機で打席に入ったのは藤枝明誠の3番、斉藤龍幸君(2年)。昨年の夏は不動の4番打者としてチームを牽引(けんいん)した。しかし夏の大会後、調子を落とし、「ここぞ」という場面で凡退することが多かった。

 県大会の打順は6番。「(4番の)自覚が足りなかった」と斉藤君。それでも県大会後、本来の調子を取り戻し、今大会では中軸の3番に。光岡孝監督の期待に応えるため、「やるしかない」と打席に入った。

 内角高めに来た球を思い切り引っ張ると、強烈な打球が三遊間を抜け左前へ。2点を追加し、勢いに乗る豊川を振り切って東海大会初のベスト4をつかんだ。

 斉藤君はこの日、三回の第2打席でも逆転ののろしを上げる中前安打を放つ活躍。次は優勝候補の中京大中京戦。「今までやってきたことをぶつけるだけです」(和田翔太)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン