スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

和歌山)智弁和歌山、4強逃す 秋季近畿地区高校野球

2019年10月27日03時00分

シェア

 秋季近畿地区高校野球大会(近畿地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は26日、奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムで1回戦2試合と準々決勝1試合があり、京都翔英(京都1位)、履正社(大阪2位)が準々決勝に、智弁学園(奈良1位)が準決勝に進んだ。27日は準々決勝3試合がある。第1試合(午前9時半)は大阪桐蔭(大阪1位)―明石商(兵庫2位)、第2試合(正午)は奈良大付(奈良2位)―天理(奈良3位)、第3試合(午後2時半)は京都翔英(京都1位)―履正社(大阪2位)。

 ■やっと打てた 復調一発 智弁和歌山・徳丸天晴君

(智弁学園17-13智弁和歌山)

 4点を追う六回表2死二、三塁。智弁和歌山の4番打者、徳丸天晴君(1年)が打席に立った。走者をかえすというより、「自分の形でバットを振ろう」と決めていた。2球目を思いっきり振ると、打球は左翼方向に伸び、3点本塁打。「やっと打てた」

 1年生ながら春から4番を任されていたが、夏から思うような結果が出なかった。智弁学園(奈良)と対戦する1週間ほど前に、春の近畿大会の「智弁対決」をビデオで見返した。「相手にびびらずに、力が抜けていて、思いっきりバットを振れていた」と当時の気持ちを思い出した。

 自身の一発で、1点差まで迫った。「いままではチームに迷惑をかけてきた。まだまだ技術も磨かなければいけない。この試合のホームランを次につなげたい」。4番としての自信が少し戻った。

 ■「春にまた戻る」 和歌山南陵・上野一輝君

(京都翔英6-2和歌山南陵)

 2点を追う五回裏1死、和歌山南陵の攻撃。投手で9番打者、浜新之介君(2年)が三塁打を放ち、続いて打席に立ったのは1番打者の上野一輝(いっき)君(2年)。「ピッチャーがつないでくれた。必ずかえさないと」

 6球目をはじき返した瞬間に「入った」と手応えを感じた。白球は左翼フェンスを越え、同点の2点本塁打に。「振り出しに戻った」とうれしく思った。

 県予選までは左翼手だったが、近畿大会の1週間ほど前に一塁手になった。中学の時に経験があり、岡本哲司監督は「内野手としても能力がある」と起用した。

 同点で迎えた七回表。捕逸で1点を勝ち越され、なお2死三塁。打球は一塁へ。ゴロは股の下を抜けていき、三塁走者が生還。上野君は「バウンドすると思って、手を引いたら、抜けてしまった。申し訳ないことをした」と肩を落とした。

 初めての近畿大会。「まだまだ捕球の技術も磨かないといけない。春にまた戻ってきたい」(西岡矩毅)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン