スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

島根)出雲西と矢上が準々決勝へ 秋季中国地区高校野球

2019年10月27日03時00分

シェア

 第133回秋季中国地区高校野球大会(中国地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は26日、コカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク野球場(鳥取市)などで1回戦4試合があった。出雲西(島根)、矢上(同)、創志学園(岡山)、倉敷商(同)が準々決勝進出を決めた。

 27日は同球場で1回戦2試合、どらやきドラマチックパーク米子市民球場(米子市)で準々決勝2試合がある。

 ■集中力高め サヨナラ打 出雲西・石飛智洋君

 同点の延長十回裏2死一、二塁。「みんながつないでくれたチャンス」と、出雲西の3番石飛智洋君(2年)は集中力を高め左打席に入った。

 2球目の外角から甘く入ったスライダーをたたくと、打球は風にも乗り、レフトの頭上を越えるサヨナラの二塁打となった。ここまでの5打席で安打がなかっただけに「やっと1本出てチームの勝ちにつながった」と喜びも格別だった。

 出雲西は豊浦(山口)との対戦が決まると動画で相手を研究。右横手投げのエース対策のため、緩い球を逆方向に打ち返す練習を重ねた。浜崎海斗主将(2年)は「特に左打者からは球筋が見やすい」と、左打ちの石飛君にアドバイスした。この試合1、2打席目は外野フライだったが、「タイミングは合っていた」と感触は悪くなかった。

 大会前にコーチから股関節の動かし方を学び、「打撃フォームを崩されることが減った」と調子は上向いていた。劇的勝利を決めた一打も「逆方向の打球だったので、よく伸びた」。

 次は4強をかけ強豪・創志学園(岡山)と対戦する。石飛君は「やるべきことをやって目の前の相手に向かっていきたい」と意気込んだ。(清水優志)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン