スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

ハカにソフトモヒカン 愛工大名電、ラグビー効果で波に

2019年10月26日23時36分

シェア

 (26日、高校野球秋季東海地区大会1回戦 愛工大名電6―2三重)

 高校野球の秋季東海地区大会は26日、岐阜・長良川球場などで1回戦があり、愛工大名電が三重を6―2で下した。ラグビー風の儀式や髪形で士気を高め、この日は14安打と打線が波に乗った。

 試合開始前、選手たちがベンチ前で輪になった。ラグビーのニュージーランド代表「オールブラックス」が試合前に行う「ハカ」をまねた儀式で士気を高めた。ラグビー日本代表で地元・愛知県出身の田村優のように、頭頂部をやや伸ばした短髪にしている選手の姿も。野球部は長さが均一なスポーツ刈りで統一していたが、この秋、強い相手に立ち向かうラグビー選手にあやかろうと、「ソフトモヒカン」風の髪形も解禁になった。

 野球部の寮ではこの秋、夕食の時間にラグビーW杯のテレビ中継を見るのが、選手たちの楽しみになっていた。9月にあった文化祭では、2年生部員たちがハカを披露した。それを見た倉野光生監督が、その翌日に「部活でもやろう」と提案。部のチームカラーでもある紫紺をオールブラックスになぞらえ、今季のチームを「オールパープルス」と「命名」した。

 愛工大名電野球部のハカは、寮長の津田嵩虎(たかとら)(2年)が、オールブラックスについて学んだ上でアレンジ。さまざまなルーツを持つ選手が集うオールブラックスが大切にする「団結」を指す、「ファーナウ」というマオリ語も採り入れた。最後は部の合言葉でもある「雑草魂」を英語で直訳した「weed soul(ウィードソウル)」で締める。普段も、練習前だけでなく、ノックの前などにもハカをして、チームの意思統一を図っている。

 今大会は、来春の選抜大会出場の選考につながる重要な大会。ラグビー効果もあってか、初戦は二回に打線がつながり7連打で4得点し、計14安打で打ち勝った。主将の大石歩(同)は「技術力はすぐに上がらないけれど、気持ちは上げていける。今は負けるイメージがわかない」と、自信をのぞかせた。(高岡佐也子)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン