スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

群馬)健大高崎が決勝進出、桐一は惜敗 秋季高校野球

2019年10月27日03時00分

シェア

 第72回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟主催)の準決勝が26日、前橋市の上毛新聞敷島球場であり、健大高崎(群馬3位)は東海大相模(神奈川1位)を8―2で破り、決勝進出を決めた。桐生第一(群馬1位)は山梨学院(山梨1位)に5―6で、惜しくも逆転負けを喫した。

 決勝戦は27日午前10時から、同球場で行われる。県勢の決勝進出は2013年の桐生第一以来6年ぶり。

 ■一球の重み 後悔糧に 桐生第一・宮下宝投手

 「ピンチに強くなきゃ、エースじゃない」。桐生第一のエース・宮下宝(2年)は山梨学院に惜敗した直後のベンチ裏で、そう口にした。

 1点リードで迎えた九回表二死二、三塁。この打者さえ抑えれば――。緩急をつけるつもりで外角に投げたチェンジアップは、はじかれて二遊間へ転がった。二塁手の体に跳ね返り、グラブをすり抜ける。その間に2者が生還し、逆転を許した。一塁側スタンドの歓声がグラウンドに響いた。

 この秋は、要所を締める投球を意識してきた。安打を浴びても制球力の光る好投で勝利を重ねてきたが、この日は一球の重みを痛感した。

 「あのとき低く投げていれば……」。後悔を口にしつつも、宮下は拳に力を込めた。「接戦に強い投手になることが課題だとわかった。やるべきことを徹底したい」(松田果穂)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン