スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

三重)秋季東海高校野球 津商がコールド勝ち

2019年10月27日03時00分

シェア

 第72回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高校野球連盟主催)が26日に開幕し、岐阜県内の2球場で1回戦4試合があった。県勢は、津商(三重2位)が11―2で静岡商(静岡3位)にコールド勝ちを収めた。三重(三重3位)は愛工大名電(愛知2位)を相手に2―6で敗れた。27日は準々決勝4試合があり、近大高専(三重1位)は加藤学園(静岡2位)、津商は中京大中京(愛知1位)とそれぞれ対戦する。

 ■救援で自信 エース狙う 三重・山下柊悟投手

 二回表、三重の山下柊悟投手(2年)が救援で登板した。背番号は20。先発したエース松山雄斗投手(2年)が長打を含む7連打を許し、この回だけで4点を奪われ、チームにとっては正念場だ。試合前に「先発のつもりで用意しておけ」と、小島紳監督に声をかけられていたので、心の準備は十分にできていた。

 2死三塁の場面、相手打者を三振に抑え、この回をうまく乗り切った。三回以降もスライダーやチェンジアップなど4種類の変化球を横手投げで使い分け、2失点にとどめた。

 元々は内野手だったが、昨秋に監督に推され、投手に転向。今夏の三重大会では2回戦で先発を任されたが、球威が上がらず二回の途中で降板。「せっかく任せてもらえたのに」。悔しい思いだけが残っていた。

 夏以降は、投げ込みを中心に練習を続け、自宅の庭でシャドーピッチング練習も重ねてフォームを改善。投げる位置を高くすることで、球速を上げた。

 九回には本塁打を浴びたが、気持ちをすぐに切り替え、後続を断った。「落ち込まずに最後まで投げ切れた」。この経験が自信となり、エースの「1」をつけることが次の目標だ。(大滝哲彰)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン