スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

広島)盈進、タイブレーク抑えられず敗退

2019年10月27日03時00分

シェア

 第133回秋季中国地区高校野球大会(中国地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は26日、コカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク野球場(鳥取市)などで1回戦4試合があった。出雲西(島根)、矢上(同)、創志学園(岡山)、倉敷商(同)が準々決勝進出を決めた。

 27日は同球場で1回戦2試合、どらやきドラマチックパーク米子市民球場(米子市)で準々決勝2試合がある。

■走者を意識しすぎて気持ちが弱く…

 先制した盈進だが、タイブレーク後に力尽きた。

 盈進は三回、敵失で出塁した来山翔平君(2年)が城本康貴君(1年)の犠飛でかえり、先制。2死二塁から、森岡遼(はるか)君(同)の適時打で1点を追加した。1点を勝ち越された延長十回には、死球に犠打、相手投手の暴投を絡めて走者を進め、2死三塁の好機に城本君の適時二塁打で追いつく粘りを見せた。

 タイブレークで、無死一、二塁から始まった延長十三回。3点を追う盈進は内野ゴロで走者一、三塁としたが、相手投手の変化球や緩急をつけた球にあと一本が出ず、打線をつなげられなかった。

 主将の横山太一君(2年)は「追いつくチャンスをつくっていたのに生かせなかった。抑えよう、決めないと、という焦りがでた」と悔しがった。

 完投した渡瀬藍司君(同)は「(タイブレーク後は)走者を意識しすぎて気持ちが弱くなってしまった。後ろには仲間がいると信じて、これから投げ込んでいきたい」と話した。(成田愛恵)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン