スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

愛知)愛工大名電、豊川が快勝 秋の東海高校野球1回戦

2019年10月27日03時00分

シェア

 第72回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高校野球連盟主催)は26日、岐阜県の長良川球場と大垣北公園野球場で1回戦計4試合があった。愛工大名電(愛知2位)は三重(三重3位)に6―2で勝った。豊川(愛知3位)は大垣商(岐阜2位)との乱打戦を13―8で制した。27日に2回戦があり、中京大中京(愛知1位)が津商(三重2位)と、愛工大名電(愛知2位)は県岐阜商(岐阜1位)と、豊川(愛知3位)は藤枝明誠(静岡1位)と対戦する。

 ■突然の登板も笑顔見せ好投 愛工大名電・寺嶋大希投手

 愛工大名電は2番手の寺嶋大希投手(1年)が好投した。エースの左腕・田村俊介投手(1年)が四回の途中に足をつるアクシデントが起きたが、「頼むぞ」とエースからマウンドを託された背番号13の右腕が反撃を許さなかった。

 「緊張していたんですが、つい顔がにやけちゃうんです」。2点を失った四回、なお2死二塁の2ボール1ストライクから突然の出番になったが、満面の笑みでマウンドに立った。

 コースを考えすぎず、ミットをめがけて「だいたいで投げる」。この回を三振で切り抜けると、その後もキレのある変化球や、140キロ超の直球で抑えた。

 一塁の守備についていた田村君は「自分の分まで頑張ってくれている」と、九回に本塁打で援護した。寺嶋投手は「(本塁打は)心強かった。調子よく投げられて、楽しめました」。試合終了まで終始笑顔。肩の力が抜けた快投で、チームを勝利に導いた。(小松万希子)

 ■逆転されても 勝利へ立役者 豊川・漆原幻汰君

 豊川の猛攻のカギとなったのは、2年生の漆原幻汰君。3安打3打点でチームの勝利に貢献した。

 一回1死二塁で打席へ。「つないでくれれば僕が決める」と仲間に言ってあった3番打者は、左前に先制の適時打を放った。

 三回に8点を奪われて逆転されても、「1点ずつ取り返す」と気持ちはめげなかった。四回は狙っていた直球を振り抜くと、打球は右翼席に吸い込まれて公式戦初の本塁打に。「当たった瞬間、入ったと思いました」。会心の一打だった。

 チームが七回に10連続安打で逆転したときも、適時二塁打を放った。中学時代、豊橋市内の野球チームで一緒だったエースの米庄寛成君(2年)など6人と「地元を強くしよう」と約束して一緒に豊川に進学したという。チームの打線をつなぐキーマンとして、豊川の快進撃の立役者となった。

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン