スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

徳島)四国高校野球、城東が準々決勝へ

2019年10月27日03時00分

シェア

 第72回秋季四国地区高校野球大会(四国地区高校野球連盟主催)が26日、徳島県のオロナミンC球場(鳴門市)とJAアグリあなんスタジアム(阿南市)で開幕した。1回戦4試合があり、岡豊(高知2位)、新田(愛媛3位)、明徳義塾(高知3位)、城東(徳島3位)が準々決勝に進んだ。4校は27日、各県1位の済美(愛媛)、尽誠学園(香川)、徳島北(徳島)、高知中央(高知)とそれぞれ対戦する。

 ■自在の配球 完投勝利 城東・高木太陽投手

 2点リードで迎えた九回裏。2死から四球を出し、満塁のピンチ。それでも、城東の先発高木太陽君(1年)には余裕があった。「力で抑えていこう」と言い聞かせるように腕を振った。飛球が中堅手のグラブに収まったのを見届け、高木君は両手を突き上げた。

 スライダーとカーブがさえ、四回まで一人の走者も許さなかった。五回に2安打を浴びてからは、直球中心の配球に変えた。捕手の福井大貴君(2年)のテンポ良いリードに乗り、ここぞの場面では、この日「一番良く指にかかった」という直球で三振を奪った。

 ベンチ入り18人のうち13人は1年生。1番谷龍一郎君、4番山口純平君らと共に四国大会初出場の原動力となった。それでも高木君は「自分たちは挑戦者」。県内屈指の好投手と言われた前エース、井村多朗君(3年)直伝の投球で、頂点を目指す。(高橋豪)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン