スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

奈良)智弁学園、乱打戦を制して4強 秋季近畿高校野球

2019年10月27日03時00分

シェア

 秋季近畿地区高校野球大会(近畿地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は26日、奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムで1回戦2試合と準々決勝1試合があり、京都翔英(京都1位)、履正社(大阪2位)が準々決勝に、智弁学園(奈良1位)が準決勝に進んだ。27日は準々決勝3試合がある。第1試合(午前9時半)は大阪桐蔭(大阪1位)―明石商(兵庫2位)、第2試合(正午)は奈良大付(奈良2位)―天理(奈良3位)、第3試合(午後2時半)は京都翔英(京都1位)―履正社(大阪2位)。

 ■春への重圧「ふがいない」 智弁・西村王雅投手

(智弁学園17-13智弁和歌山)

 今春の近畿大会以来の智弁対決。兄弟校へのライバル心よりも、甲子園への重圧がエースにのしかかった。今秋から背番号1をつける西村王雅君(1年)。七回途中まで投げ、試合には勝利したが、暴投や四球が頻発した試合に「ふがいない」が口をついた。

 一回に3点本塁打などで6点差をつけ、迎えた三回。長打で1点を奪われた後、連続の暴投で2点を失った。「無駄な点を与えれば、相手に流れが向いてしまう」。分かっていても、手元が狂った。

 春の智弁和歌山戦では、六回から登板。それに比べると、この試合は「(緊張感が)全然ちがった」。今大会は来春の選抜大会出場の参考となる。「甲子園がかかった試合。負けられない気持ちが強かった」。三振を取りにいった結果、厳しいコースがボールになり、九つも四球を出したことを悔いた。

 「背番号1は勝って当たり前の存在。先輩や同級生のおかげで勝てた。一人では勝てない」と唇をかんだ。(平田瑛美)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン