スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

鳥取)鳥取城北、逆転で8強 秋季中国高校野球が開幕

2019年10月26日03時00分

シェア

 第133回秋季中国地区高校野球大会(中国地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)が25日、鳥取県で開幕した。どらやきドラマチックパーク米子市民球場(米子市)で1回戦2試合があり、鳥取城北(鳥取)、平田(島根)が準々決勝進出を決めた。

 コカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク野球場(鳥取市)で予定されていた1回戦2試合は雨天のため順延となった。このため、同球場で25~27日に予定されていた試合は1日ずつずれ、26~28日に行われる。各日の試合開始時間に変更はない。

 26日は両球場で1回戦4試合が予定されている。

 ■光る制球「監督を男にする」鳥取城北・阪上陸投手 

 「僕がやるしかない」

 三回裏。鳥取城北の阪上陸(2年)が、先発の中川央(ひろき)(同)に代わりマウンドに上がった。無死満塁。緊張が張り詰めた場面だったが、強気だった。腕と足をまっすぐに下ろすことだけを意識した初球。打球は二塁手の前に転がり併殺に仕留めた。その間に1点を失ったが、次打者も打ち取りピンチを切り抜けた。

 この日はカーブでカウントを取り、スライダーで勝負をかけることを心がけたという。四回以降も制球が光り、南陽工に本塁を踏ませなかった。「今日はあいつのおかげです」と山木博之監督。ただ、本人は「周りが助けてくれたから勝てたと思う」と謙虚だった。

 昨年の秋季中国大会では先発として登板。しかし、思うようなピッチングができずに敗戦し、「自分が今の3年生の重荷になってしまった」と悔やんだ。以降、中国大会は特に意識していた大会だったという。

 グローブには「監督を男にする」という一文が刺繡(ししゅう)されている。「絶対に甲子園出場を決め、監督を男にしたい」。次戦を見据えた。(宮城奈々)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン