スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

長崎)創成館が明豊に惜敗、決勝逃すも善戦

2019年10月24日03時00分

シェア

 佐賀市で開かれている第145回九州地区高校野球大会に出場している創成館(長崎2位)は23日、準決勝で明豊(大分1位)と対戦、接戦の末2―3で惜敗し、決勝進出を逃した。今大会の結果は来春の選抜大会出場の参考となる。

     ◇

 創成館が明豊と激しい競り合いを演じた。四回、二ゴロの間に猿渡がかえり先制。六回に4連打で逆転されるも、すぐに松永が右中間を破る適時打で同点と食い下がった。九回に決勝打を許し、惜しくも決勝進出を逃したが、併殺3の好守が光った。

 ■1年生の主砲 成長誓う敗戦 松永知大選手

 1点を追いかける六回裏、1死一塁で創成館の主砲、松永知大選手(1年)が打席に立った。

 つなぐか、走者をかえすか――。準々決勝の九回裏が頭をよぎった。同じ1死一塁からサヨナラの適時打を放った場面だ。

 稙田(わさだ)龍生監督(55)からの指示は「まっすぐ」だったが、初球のカーブを右中間に引っ張った。一塁走者がかえり、試合を振り出しに戻した。

 新チーム発足から4番を務める。「責任と周りからの期待を感じる」。時間があれば全体練習後、寮で素振りをしてきた。県大会準決勝で本塁打を放つなど結果も残している。

 八回裏、無死二塁の好機で再び巡ってきた打席では、「中途半端にとらえてしまい」、右飛に。その後勝ち越しを許し、敗れた。試合後、「ここぞの場面で確実に打てるよう、練習したい」とさらなる成長を誓った。(米田悠一郎)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン