スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

鹿児島)城西「初の甲子園」へ期待膨らむ 九州大会4強

2019年10月24日03時00分

シェア

 第145回九州地区高校野球大会に出場している鹿児島城西は23日、準決勝で大分商に3―6で逆転負けを喫した。だが4強入りを果たし、来春開催される「選抜」への出場を大きく引き寄せた。「目標は出場ではなく、優勝」。春夏合わせて初の甲子園出場に、チームの期待がふくらむ。

 鹿児島城西は2けた安打を放ったものの要所で失策が響き、序盤のリードを守り切れなかった。

 降板した先発の主戦八方悠介君(2年)と、5回からマウンドを任された前野将輝君(2年)。今夏から2人の力投でこの九州大会を無失点で勝ち上がった。

 原動力は、シード校として臨んだ今夏の鹿児島大会4回戦、ノーシード校にコールド負けした試合だ。秋、新チームとなっても勝ちきれず、佐々木誠監督から「弱い」と言われ続けた。チームで課題を繰り返し話し合い、県大会から九州大会へ調子を上げた。

 「僕らは夏の悔しさを忘れない」。前野君はそう言う。八方君は「自分の心のすき間、課題を見つけることができた」と試合を振り返り、選抜を見すえた。

 古市龍輝主将(2年)は「選抜に出場できたら優勝する気で精神面でも技術面でも妥協せず磨きたい」。(合田純奈)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン