スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

千葉)東海大相模に敗れ、習志野4強逃す 関東高校野球

2019年10月22日03時00分

シェア

 第72回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催)は21日、群馬県で準々決勝4試合があった。習志野(千葉1位)は東海大相模(神奈川1位)に6―12で敗れた。来春の選抜甲子園出場が有力となる4強進出はならなかった。

 ■頼れる4番、夏へ進化誓う 習志野・桜井亨佑君

 打線がつながらない中、主砲が3安打4打点と気をはいた。6点を追う七回裏1死一塁。左打席の桜井亨佑君(2年)は直球に狙いを絞っていた。1ボールから甘く入った直球をすくい上げると、打球は右中間席に飛び込んだ。「まだここからだぞ!」。桜井君を迎え入れたベンチでは逆転を信じる声が飛び交った。

 今夏の甲子園でも4番だった。2試合で計8打数5安打と力を見せたが、「3年生が連れてきてくれた甲子園だった」。新チームとなり、進化を模索してきた。確実性を上げるため、右足を上げる打撃フォームからすり足に変え、目線を安定させた。守る一塁から、投手に頻繁に声を掛けるようにした。

 チームも変わってきた。主将の角田勇斗君(同)を中心に、練習後に選手だけのミーティングを開く。「俺たちの力で甲子園に行こう」。励まし合いながら県大会を勝ち上がり、関東大会に乗り込んだ。

 初戦の前橋育英戦では持ち前の粘り強さを発揮し、逆転勝ちした。あと一つで選抜が見えてくる――。周囲の期待が膨らむ中、迎えた東海大相模戦。5回に先発の山内翔太君(同)が捕まり6失点。代わった2人の投手も流れを止められなかった。打線は計5安打に終わった。

 「完全に力負けでした。点をとれないと勝てない。夏に甲子園に出られるよう、打撃をパワーアップさせたい」。チームを引っ張る4番がさらなる進化を誓った。(福冨旅史)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン