スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

和歌山)智弁和歌山・石平君 食らいつき、勝ち越し打

2019年10月21日03時00分

シェア

 ■食らいつき、勝ち越し打 智弁和歌山・石平君

 3―3の同点で迎えた五回表2死満塁。智弁和歌山の7番打者、捕手・石平創士君(1年)は「必死に食らいつこう」と打席に立った。

 「めちゃめちゃ集中できて、ボールが見えた」と5球目のチェンジアップを中前に放つと、2人が生還。勝利を引き寄せた。

 この日、一回表に3点を先制したが、裏に2点本塁打を打たれた。「ボール気味のストライクにしようとしたが、真ん中に来た。もっと外に構えていたら」と悔やんだが、ベンチに戻り「次、次!」とチームメートに迎えられると気持ちを切り替えられた。

 新チームでは配球の良さなどを買われ、1年生ながら正捕手を任された。中谷仁監督は「まだまだこれから。捕る、投げるをもっと確実にできないと。ただ打撃もよく、勝負強さはある」と期待する。

 雨でノーゲームになった前日の試合のビデオを3回見て、打者の特徴などを研究した。この日、四回からマウンドに上がった矢田真那斗君(2年)は「僕の長所を生かしてくれる。1年生だからこそ、怖いものがない」と信頼を寄せる。

 石平君は「もっと(投手と)コミュニケーションをとらないと。まだどうしても遠慮してしまう。もっとがっついていきたい」とさらなる成長を誓った。(西岡矩毅)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン