スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

新潟)北信越高校野球 北越、決勝進出逃す

2019年10月21日03時00分

シェア

 第141回北信越地区高校野球大会(北信越高野連主催)は20日、石川県立野球場(金沢市)で準決勝2試合があった。新潟県大会を制して出場した北越は、日本航空石川(石川2位)に1―9で敗れ、決勝進出を逃した。これで、県勢3校は全て敗退し、来春の選抜出場は厳しくなった。決勝は星稜と航空石川の石川県勢同士の対決となり、21日午前10時から同球場で行われる。

 ■笑顔のエース、悔しさ糧に 北越・阿部柚士郎主将

 2点を追いかける六回表、内野安打や暴投で二死ながら二、三塁のピンチ。一打許せば突き放される場面で、エース・阿部柚士郎主将(2年)は笑顔を見せた。「苦しいときこそ、笑顔を意識している。チームの雰囲気をよくすることが、エース、キャプテンとして大事だと思っている」。続く打者に対し2球続けてファウルを打たせて追い込み、二ゴロに打ち取った。

 今大会、1回戦と準々決勝の2試合で、いずれも完投した。合計で241球を投げ4失点。ともに1点差で競り合う厳しい試合を投げ勝った。この日も、「緊張してしまった」初回と二回に計3失点したものの、そこから復調。三回以降は8奪三振の好投を見せた。

 しかし、八回裏に自らの打席で内野安打を狙ってヘッドスライディングをした際に右ひざを負傷。最終回のマウンドにあがることはできなかった。

 「ここまできて、最後まで投げることができず、仲間に申し訳ない」と悔しさをにじませた。「直球などは通用していたところもある。冬場にしっかりと球の精度とチームの打撃力を上げたい」と前を向いた。(谷瞳兒)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン