スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

宮城)仙台育英が決勝へ 秋季東北高校野球

2019年10月18日03時00分

シェア

 第72回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高野連主催、朝日新聞盛岡総局など後援)は17日、岩手県営球場で準決勝2試合があった。仙台育英は盛岡大付(岩手)に9―2で八回コールド勝ちし、仙台城南は鶴岡東(山形)に0―10で六回コールド負けした。決勝は18日、午前10時から同球場で行われる。

 ■仙台城南エース 疲れ隠せず無念 仙台城南・阿部伶選手

 仙台城南は東北大会初出場で準決勝に進んだ。エース阿部伶桜(れお)君(2年)が花巻東、磐城との2試合を完投し、この日も先発した。

 宮城県大会では本来の力が出せず、仲間の好投に救われ、勝っても心から笑えなかった。大会後、横手投げを試すと、元々内野手で体の回転が横向きだったためかしっくりきた。上手投げの本格派に憧れていたが、「東北大会で勝つために」と転向を決めた。

 だが3連投で疲れは隠せない。一回に制球が乱れ、2死球と4安打で5点を失った。交代を打診する角晃司監督に「まだいけます」と伝え、懸命に腕を振ったが、二回も2失点。「腕がしびれて力が入らない」と、自らマウンドを降りた。

 阿部君は「悔しい。冬にスタミナを鍛えたい」。角監督は「選手たちは力以上のものを発揮してくれた。東北4強まで連れてきてくれてありがとう」とねぎらった。(大宮慎次朗)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン