スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

和歌山)智弁和歌山から2人 ドラフト会議で指名

2019年10月18日03時00分

シェア

 17日のプロ野球ドラフト会議で、智弁和歌山高校(和歌山市冬野)の黒川史陽選手(18)=内野手=が楽天から2位で、東妻純平選手(18)=捕手=がDeNAから4位で指名された。2人はプロでのプレーの喜びや目標を話し、チームメートらも歓喜に沸いた。

 黒川選手と東妻選手は校内で指名を待った。午後6時ごろ、中谷仁監督が、黒川選手に楽天から指名されたことを知らせた。会見場に入ってきた黒川選手は、「うれしいの一言」。はにかむ口もとを引き締めて話した。2位で指名されたことには、「自分でもびっくり。いままでやってきたことを野球の神様が見てくれていたと思う」と振り返った。

 黒川選手は身長182センチ、体重85キロ。右投げ左打ち。5季連続で甲子園に出場し、主将としてチームを引っ張った。中谷監督は「黒川は練習の虫。努力し続けられる姿勢は、どこのドラフト生よりも強く持ち続けられる選手だと思う」と期待を述べた。その上で、「いまは指名されただけ。指名の順位や高校時代の実績は関係ない」とアドバイス。黒川選手は「自分の夢は4割打者になること」と目標を掲げた。楽天の印象については「野球でチームや地元が一つになれるところだと思う」と話し、「関西以外でプレーするのは初めて。一日でも早く寒さになれたい」と笑わせた。

 東妻選手が指名されたのは午後6時半ごろ。ほっとした表情で会見場に入ってきた東妻選手は、「黒川が呼ばれたことは本当にうれしかったが、待っているときは不安な気持ちになっていた」と打ち明けた。

 東妻選手は身長172センチ、体重77キロ。右投げ右打ち。遠投125メートルの強肩を生かし、高校から捕手に転向。強打の捕手として黒川選手らと5季連続甲子園出場を果たした。中谷監督は「この3年間厳しく指導した。もう1、2年指導したかった。DeNAに行ってもっといい指導者に指導してもらい、僕が出来なかった1軍の正捕手になってもらいたい」と期待した。

 DeNAの印象を聞かれると、東妻選手は「(投手の)上茶谷選手や今永選手と組めるように一生懸命頑張りたい」と意気込んだ。

 県関係では、和歌山東高校出身で、東北福祉大の津森宥紀選手(21)=投手=が3位でソフトバンクに指名された。母校の米原寿秀監督は「良い球団に指名してもらった。非常に良かった」と喜んだ。「大学で直球の質や精神面に磨きをかけて、良い投手になった。力で押す投球を今後もして、チームに貢献できるような選手になって」とエールを送った。(西岡矩毅、藤野隆晃)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン