スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

佐々木は4球団、奥川・石川は3球団競合 ドラフト会議

2019年10月17日19時27分

シェア

 プロ野球の新人選択(ドラフト)会議が17日、東京都内であり、高校生最速の163キロの速球で注目される佐々木朗希(ろうき)投手(岩手・大船渡高)は4球団が1位指名で競合し、抽選の結果、ロッテが交渉権を引き当てた。今夏の甲子園で準優勝に貢献した奥川恭伸(やすのぶ)投手(石川・星稜高)は3球団が競合し、ヤクルトが交渉権を獲得。右の強打者、石川昂弥(たかや)内野手(愛知・東邦高)も3球団が1位指名し、地元の中日が交渉権を得た。

 大学でナンバーワン投手の評価だった森下暢仁(まさと)投手(明大)は広島が単独指名。DeNAも俊足の森敬斗(けいと)内野手(神奈川・桐蔭学園高)を単独指名した。外れ1位でも2選手が競合となり、河野(かわの)竜生(りゅうせい)投手(JFE西日本)は日本ハム、宮川哲投手(東芝)は西武が交渉権を得た。

     ◇

 育成選手選択(育成ドラフト)会議では、ヤクルトとDeNAを除く10球団が計33選手を指名した。オリックスが最多の8選手を指名した。日本野球機構(NPB)によると、楽天が指名した山崎真彰内野手(ハワイ大)は、日本国籍で日本の高校に在籍していたため、ドラフトの対象となった。指名選手は次の通り。

 【オリックス】①佐藤一磨(18、投=横浜隼人高)②谷岡楓太(ふうた)(18、投=広島・武田高)③中田惟斗(ゆいと)(18、投=大阪桐蔭高)④平野大和(18、外=宮崎・日章学園高)⑤鶴見凌也(17、捕=茨城・常磐大高)⑥大下誠一郎(21、外=白鷗大)⑦佐藤優悟(22、外=仙台大)⑧松山真之(19、投=BCリーグ富山)【中日】①松田亘哲(ひろあき)(22、投=名古屋大)【日本ハム】①宮田輝星(ほくと)(21、外=福岡大)②樋口龍之介(25、内=BCリーグ新潟)③長谷川凌汰(23、投=BCリーグ新潟)【広島】①持丸泰輝(たいき)(17、捕=北海道・旭川大高)②木下元秀(18、外=福井・敦賀気比高)③畝章真(うね・たかまさ)(24、投=四国IL香川)【ロッテ】①本前郁也(もとまえ・ふみや)(22、投=北翔大)②植田将太(21、捕=慶大)【阪神】①小野寺暖(だん)(21、外=大商大)②奥山皓太(22、外=静岡大)【楽天】①江川侑斗(18、捕=大分高)②小峯新陸(しんり)(17、投=鹿児島城西高)③山崎真彰(まあき)(24、内=ハワイ大)④沢野聖悠(きよはる)(17、内=愛知・誉高)【ソフトバンク】①石塚綜一郎(18、捕=岩手・黒沢尻工高)②大関友久(21、投=仙台大)③伊藤大将(だいすけ)(18、内=青森・八戸学院光星高)④勝連大稀(かつれん・はるき)(18、内=沖縄・興南高)⑤舟越秀虎(ひでとら)(18、外=熊本・城北高)⑥荒木翔太(18、内=熊本・千原台高)⑦村上舜(17、投=山形中央高)【巨人】①平間隼人(22、内=四国IL徳島)②加藤壮太(21、外=BCリーグ武蔵)【西武】①出井(いでい)敏博(22、投=神奈川大)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン