スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

高校生に指名重複、一本釣りの広島・DeNAは狙い通り

2019年10月17日20時55分

シェア

 (17日、プロ野球ドラフト会議)

 高校生に1位指名が重複した。何球団が指名するか注目されていた投手の佐々木と奥川に加え、大型内野手の石川が割って入った。

 ロッテは高校生最速の163キロの佐々木を指名できたことで、2位以下は捕手、内外野手とバランスのいい指名ができた。

 また、奥川の交渉権を得たヤクルトは投手陣の整備が急務。今夏の甲子園でも見せたように実戦経験の多い右腕を選んだ。2位から4位までは大学生投手と充実したドラフトになった。

 7年連続4位以下だった中日は昨年の根尾に続き、高校生野手ナンバーワンの評価が高い石川の交渉権を引き当てた。左打者が隆盛の球界で右の強打者は少なく、逸材を得た。

 「一本釣り」に成功したのは広島とDeNA。リーグ4連覇を逃した広島にとって即戦力として森下を獲得できたことは大きい。若手の内野手が手薄なDeNAは地元から身体能力の高い森を、狙い通りに競合を避けて1位で獲得できた。

 色が出たのは日本ハム。ここ数年は高校生を多く指名してきたが、今年は育成ドラフトを含めて10人中9人が大学、社会人選手。今季5位からの巻き返しを図りたい思いが見えた。

 阪神が1位で高校生の交渉権を獲得したのは、2012年の藤浪以来。5位まで高校生で若返りへの土台になりそうだ(坂名信行)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン