スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

青森)青森山田の堀田、巨人が1位指名

2019年10月18日03時00分

シェア

 プロ野球の新人選択(ドラフト)会議が17日、東京都内で開かれ、県内からは青森山田高の堀田賢慎投手(18)が巨人から1位指名を受けた。

 堀田投手は青森市の同校で会見に臨み、「持ち味の直球を磨き、プロで勝負できる投手になりたい」と抱負を語った。岩手県花巻市出身で、身長185センチの大型右腕。甲子園出場経験はないが、最速151キロの速球とスライダーやカーブなどの変化球でエースとして活躍した。

 高校3年間で一番印象に残っている試合は、昨秋の県大会で1―17で敗れた八戸学院光星戦だという。「あの試合で自分がまだ心身ともに未熟だとわかり、ピッチングを見直す機会になった」と振り返った。

 巨人の印象を「投打のバランスが良く、毎年強いチーム」と話し、「巨人を背負っていけるような投手になって、5年後には日本代表に選ばれるような実力をつけたい」と意気込んだ。

 青森山田の兜森崇朗(たかあき)監督は「しっかり体づくりをしてローテーションを任せられる投手に育ってほしい」とエールを送り、「3年間悔しい思いをした時のほうが多かったと思うが、これまで耐え忍んでよく努力してくれた」と語った。

 八戸学院光星の武岡龍世選手(18)は、ヤクルトから6位指名を受けた。徳島県出身で、身長178センチ、体重77キロ。遊撃手としての守備力と、リードオフマンとしての打撃力で注目された。

 ヤクルトについて「バッティングに良さがあるイメージ」と話し、「1軍で活躍できる選手になります」と抱負を語った。

 青森大学の蝦名達夫選手(22)は横浜DeNAベイスターズから6位指名を受け、大学で会見。「地元の大学からプロに行くことを目標にやってきた。開幕1軍をめざす」と決意表明した。

 青森商から青森大へ進学した外野手。広角に長打を打てる打撃に加え、50メートル6秒の俊足と強肩が持ち味だ。「4年間がんばれば地元からでもプロにいけるという気持ちでやってきた。プロで活躍する姿を地元の子どもたちに見せたい」と意気込んだ。(仲川明里、吉備彩日、河野光汰)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン