スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

佐々木はロッテ、奥川はヤクルトが1位 ドラフト会議

2019年10月17日17時30分

シェア

 プロ野球のドラフト(新人選択)会議は17日、東京都内であり、高校生で史上最速の163キロを記録した佐々木朗希投手(岩手・大船渡高)を、日本ハムとロッテ、楽天、西武のパ・リーグ4球団が1位で指名した。抽選の結果、ロッテが交渉権を引き当てた。

 今夏の全国高校選手権大会で準優勝した石川・星稜高のエース、奥川恭伸(やすのぶ)投手にはヤクルト、阪神、巨人の3球団が1位で入札。ヤクルトが交渉権を手にした。オリックス、中日、ソフトバンクの3球団が指名した右の強打者、石川昂弥内野手(愛知・東邦高)は中日が交渉権を得た。

 大学世代の日本代表のエース、森下暢仁(まさと)投手(明大)は広島が、高校日本代表の森敬斗内野手(神奈川・桐蔭学園高)はDeNAが、それぞれ単独指名した。

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン