スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

愛知)東邦・石川「応援される選手に」中日が1位指名

2019年10月18日03時00分

シェア

 17日に東京都内であったプロ野球のドラフト会議で、東邦高校(名古屋市名東区)の石川昂弥選手が中日ドラゴンズから1位指名を受けた。地元球団に決まった石川選手は「いろんな方から応援される選手になりたい」と喜びを語った。

 ドラフト会議では、オリックス、中日、ソフトバンクの順で3球団が競合した。石川選手の名があがるたび、同校に用意された会場でテレビ中継を見ていた生徒たちからは歓声が上がった。その中で結果を見つめた石川選手は、中日に決まるとホッとしたように笑みを浮かべた。

 森田泰弘監督は「地元ですし、石川が野球を始めた頃から憧れた球団。非常にいい環境でできると喜んでいます」と満面の笑み。小学生の時、年末に行われる12球団のジュニアトーナメントで中日の選手だった石川選手は「小学生の時に中日のユニホームを着て、また来年から袖を通せるのはうれしいです」。

 同校では、家族もドラフト会議をテレビで見守った。同校の野球部OBでもある父の尋貴さん(47)は「3球団は驚きだけれどすごい。本人が言っていたけれど、これがゴールではない。ここから頑張って欲しい」とエールを送った。(上山浩也)

 ■球界代表する投手に 日ハム2位 東海理化・立野投手

 ドラフト会議で北海道日本ハムから2位指名を受けた東海理化の立野和明選手(21)=愛知県豊山町出身=は同県豊川市の東海理化音羽工場で会見し、「頑張ってきて良かった。2位の方がプレッシャーを感じず思い切りやれる。球界を代表する投手になりたい」と語った。

 最速152キロの直球と多彩な変化球を操る右腕投手。7月の都市対抗大会ではトヨタ自動車の補強選手で出場し準優勝に貢献した。中部大第一高時代に指導した佐藤吉哉監督(47)によると、当時からプロを目指し、高3の9~11月は下半身を鍛えるため、自宅から同県日進市の学校まで片道約26キロをママチャリで通学した努力家だ。立野選手は「パンク修理代の方が自転車より高くついた」と笑う。

 小学校時代に所属した豊山フェニックスの秋田文彦代表(61)は「立野選手ほどよく走らせ、その練習に根気強く付いてきた選手はいない」と評する。豊山町からのプロ野球入りはイチローさん=本名・鈴木一朗=以来。町内ではドラフト会議のパブリックビューイングもあった。立野選手は「素晴らしい選手。超えることは難しいけれど、そういう風になれるよう頑張りたい」と誓った。

 北海道にはこれまで行ったことがないと言い、「まさか。僕、北海道まで行くんですか?」と報道陣を笑わせ、「日ハムはファンと選手に一体感がありすごくいいチーム」と入団を心待ちにした。(土井良典)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン