スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

石川)奥川投手「対戦を」山瀬捕手「お互い日本一に」

2019年10月18日03時00分

シェア

 今夏、甲子園を沸かせた星稜バッテリーは、プロへの道を歩むことになった。17日にあったプロ野球ドラフト会議で、奥川恭伸投手はヤクルトが、山瀬慎之助捕手は巨人がそれぞれ交渉権を獲得した。

 2人が指名を待った金沢星稜大の記者会見場には、100人を超える報道陣が集まった。奥川投手が1巡目で指名された後、山瀬捕手は緊張した面持ちで会場入り。5巡目に巨人から指名を受けると、ほっとした表情を見せ、会場も拍手に包まれた。

 山瀬捕手は「目指していたプロのステージに立てる。ほっとしている。小さい頃から阿部慎之助選手に憧れていた。同じユニホームを着られることが本当にうれしい」と話した。

 小学校以来の相棒の指名を隣で待った奥川投手は「2人で対戦できるように頑張ろう」。山瀬捕手は「日本一の投手と捕手になろう」と応じ、エールを交わした。

 会場で指名を待った母、山瀬由香里さんは「待ってる間はしんどかった。今朝も5時に起きて練習に行くような、努力をしてきた子。自信を持って試合に出られるよう頑張ってほしい」。同じ捕手として競い合った桜井直生さんは「2人に期待していたのでうれしい。山瀬は人一倍努力するやつだし、奥川はプロでも通用すると思う。ここがゴールではないので、けがだけは気をつけて頑張ってほしい」と話した。

 2人を指導した林和成監督(44)は「この3年間で技術的にも精神的にも大きく成長してくれた。これから新しいステージに行く。いつか対戦できるよう、プロでも大きく育って欲しい」と話した。(岡純太郎、堀越理菜)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン