スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

埼玉)花咲徳栄・韮沢選手「夢与えられる選手に」

2019年10月18日03時00分

シェア

 17日にあったプロ野球の新人選択(ドラフト)会議で、花咲徳栄の韮沢雄也内野手(18)が広島から4位で指名を受けた。同校選手の指名は5年連続。今年3月に桶川西高を卒業した独立リーグ・BCリーグ埼玉武蔵(熊谷市)の松岡洸希(こうき)投手(19)は埼玉西武が3位指名。毛呂山町出身で国士舘大の高部瑛斗外野手(21)も千葉ロッテから3位で指名を受けた。

 広島に4位指名された花咲徳栄の韮沢雄也内野手は、埼玉県加須市の同校で会議を見守った。指名後、穏やかな表情で会見に臨み、「小さい子に夢を与えられるような選手になりたい」と話した。

 新潟県魚沼市出身。「県外でプレーしてもっとうまくなって、プロになりたい」という夢に一番近いと感じ、花咲徳栄を選んだ。入学当初は寮での生活に慣れなかったり、地元と違う米が合わなかったりしたという。

 1年夏の甲子園でベンチ入りし、県勢初の全国制覇を経験。その秋から遊撃手として試合に出場し、翌年からも2年連続で甲子園の土を踏んだ。巧みなバットコントロールで広角に打ち分け、今夏のU18(18歳以下)ワールドカップの高校日本代表にも選出され、一塁手としてベストナインに選ばれた。

 指名後、実家の両親に電話をかけようとしたが、番号を間違えてしまうハプニングも。母親からは「よかったね」と言葉をかけられたという。広島のイメージについては「強い印象。二遊間はうまい選手がそろっているので近づけるように頑張っていきたい」。将来は「日本を代表する選手になって、お世話になった人に恩返しできるように活躍したい」と語った。(高絢実)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン