スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

茨城)霞ケ浦・鈴木投手、常総・菊田選手が3位指名

2019年10月18日03時00分

シェア

 17日のプロ野球ドラフト会議で、県内からは霞ケ浦高校の鈴木寛人(ひろと)投手(18)が広島、常総学院高校の外野手、菊田拡和(ひろかず)選手(18)が巨人からそれぞれ3位指名を受けた。

 鈴木投手は阿見町の霞ケ浦高で、両親や高橋祐二監督と緊張した表情でドラフト中継を見守った。広島から3位指名を受けるとフーッと一息。「支えてくれた人々に恩返しできるよう頑張りたい」と喜んだ。

 筑西市出身の鈴木投手は身長187センチ、体重79キロ。最速148キロの速球が持ち味で、今夏の茨城大会では4試合で3失点。同校の4年ぶりとなる甲子園出場の原動力となった。2年時は最速135キロだったが、トレーニングで体重を約10キロ増やし、急成長を遂げた。

 憧れは、同校の先輩で同じく広島で活躍する遠藤淳志投手(20)。「遠藤さんのように、チームの雰囲気を良くすることができる投手になりたい」と話した。

 常総学院高の菊田選手は土浦市の同校で、佐々木力監督や同学年の野球部員、両親ら約100人と一緒に中継を見守った。巨人の3位指名が報じられると、一斉に大きな拍手と歓声がわきあがった。

 土浦市出身。182センチ、93キロの体格から繰り出す力強いスイングが持ち味で、同校歴代最多の高校通算58本塁打を誇る。

 会見では「思ったより上位指名で、高く評価してもらえた。長打力を生かし、ゆくゆくはホームラン王になれるような選手をめざしたい」と抱負を語った。

 また、同高出身で法政大の宇草孔基外野手(22)が広島の2位、稲敷市出身で慶応大の柳町達(たつる)外野手(22)はソフトバンクの5位、常盤大高の鶴見凌也捕手(17)はオリックスの育成5位指名を受けた。(佐野楓、谷口哲雄)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン