スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

岩手)佐々木投手「高く評価、光栄」 ロッテが1位指名

2019年10月18日03時00分

シェア

 高校生史上最速の右腕が、プロの舞台へと羽ばたく。17日にあったプロ野球のドラフト会議で、大船渡の佐々木朗希投手(17)が4球団から1位指名を受け、千葉ロッテマリーンズが交渉権を獲得した。球速163キロの豪速球を武器とする佐々木投手は、「日本一のピッチャーになって、チームを優勝へ導きたい」と抱負を語った。

 大船渡市内の会場で、緊張した面持ちでテレビモニターを見つめていた佐々木投手。千葉ロッテマリーンズが交渉権を獲得すると、チームメートから「おお」とどよめきがわいた。

 記者会見した佐々木投手はロッテについて「12球団の中で一番応援がすごい印象」と話し、「浜風が強いと思うので、気をつけたい」と会場の笑いを誘った。

 ロッテのほか、日本ハム、楽天、西武の4球団から1位指名を受け「高く評価してもらい、光栄に思う」。プロでの展望を「武器は直球。それだけではプロで通用しないと思うので、他も磨く」と語った。

 目標は「日本一のピッチャー」になることだ。投球を教わりたいロッテの先輩を聞かれると、「全員に聞きたい。(自分には)まだまだ足りないところがある」と意欲をみせた。1軍で投げたいかと聞かれると「あります」と即答した。

 佐々木投手は陸前高田で生まれ、東日本大震災後は大船渡で過ごした。母校への思いを聞かれると「たくさんのことを教えてもらった」と言葉を詰まらせた。岩手の子どもたちに「一生懸命プレーする姿を届けたい」と話した。

 同じ岩手出身で現在はメジャーリーグで活躍する菊池雄星選手、大谷翔平選手については「とても誇りに思う。野球に対する姿勢を見習いたい」と話した。

 ■「朗希には頑張ってほしい」 幼なじみの菊地さんエール

 「朗希には頑張ってほしい」。佐々木投手の幼なじみの菊地広翔さん(18)は小学3年生の時、一緒に野球を始めた。しかし、東日本大震災の後、野球仲間はばらばらになった。菊地さんも故郷の陸前高田を離れ、隣の大船渡へ引っ越した。津波で祖父母を亡くし、落ち込んでいた菊地さんを練習に誘ってくれたのが佐々木投手だった。「練習している時間が楽しくて。あの時は野球しかなかったから」

 中学まで一緒にプレーした。別の高校へ進んだ今でも、暇さえあれば2人でトレーニングをする。将来の夢は佐々木投手の専属トレーナーだ。「朗希には『今から勉強しないとやばいんじゃない?』と言われているんですけど」。来春からは専門学校へ進学予定だ。「朗希に負けないように自分も知識をつけて夢をかなえたい」(御船紗子)

     ◇

 プロ志望届を出していた黒沢尻工の石塚綜一郎選手(18)はソフトバンクから育成1位指名を受けた。

 プロになる夢をかなえるために秋田から野球留学している石塚選手は、背番号2ながら最速142キロの本格派投手。打っては3番を担い、高校通算本塁打は39本の「三刀流」だ。実家は母親と祖父の3人暮らし。母親は配送業で家計を支えながら大会の度に岩手へ通い、寮の部屋を掃除してくれる。「野球を続けさせてくれた家族には感謝しています」と語っていた石塚選手。高校で届かなかった「40本目」の本塁打は、プロで放つ。

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン