スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

岡山)「また甲子園、ワクワク」阪神1位の創志・西

2019年10月18日03時00分

シェア

 「また甲子園で投げられる。強気のピッチングを見てもらいたい」。17日のプロ野球ドラフト会議で、阪神から1位指名を受けた創志学園高校の西純矢投手(18)はそんな言葉で飛躍を誓った。(華野優気、沢田紫門)

 西投手は岡山市北区の同校体育館で緊張した面持ちで指名を待った。阪神の1位指名を受けると、体育館に集まった約250人の生徒らから「おおー」のどよめきと大きな拍手。西投手はほっとしたような表情を浮かべ、白い歯を見せた。

 「また甲子園で投げられると思うと、ワクワクする」。会見に臨んだ西投手は、そう言って満面の笑みを見せた。2年生だった昨年の夏。初戦の創成館(長崎)戦で16三振を奪い、一気に脚光を浴びたのは甲子園のマウンドだった。

 3年生の今年は、春も夏も甲子園に届かなかった。「(甲子園では)去年、負けたままで終わっている。その借りを返せるような投球が出来たら」と抱負を語った。

 阪神の印象について聞かれると「好投手がそろっている」。西勇輝投手は遠い親戚にあたるといい、「コントロールがいい投手。いろいろなことをお聞きできたら」とも。ファンに対しては「持ち味の強気なピッチングを見てもらいたい」と自信を見せた。

 プロ野球選手になるという幼い頃からの目標に届いた。「将来は球界を代表するピッチャーになりたい」。そう夢を語った。

 西投手は創志学園1年の夏からベンチ入りし、2年の夏の甲子園で全国に知られる選手となった。最速154キロはヤクルトから1位指名を受けた奥川恭伸投手(石川・星稜)に並ぶ。

 しかし、三振を奪うたびに見せた雄たけびとガッツポーズには批判も起きた。制球難も指摘され、2年生の時は試合中に感情的になるようなシーンもあった。それが3年生になってからは消えた。今夏の甲子園は逃したが、U18ワールドカップでは先発も救援もこなし、2本塁打を放つなど打者としても非凡さを見せた。

 長沢宏行監督は17日、「言葉一つひとつに人間を思いやるところを感じるようになった」との表現で、西投手の成長を語った。「ええ球団に指名されたと思います。まわりに流されずに頑張ってほしい」と話した。

 3年間、バッテリーを組んだ捕手の横関隼(はやと)君(3年)は「部員全員で今日を楽しみにしていた。西には1位でいって欲しいと思っていたので、うれしい」と自分のことのように喜んだ。「はつらつとしたプレースタイルは変えずに、子どもから『西みたいになりたい』と言ってもらえるような投手になって欲しい」とエールを送った。

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン