スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

山形)鶴岡東、5年ぶりに準決勝へ 秋季東北高校野球

2019年10月16日03時00分

シェア

 第72回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高野連主催、朝日新聞盛岡総局など後援)は岩手県営、花巻の両球場で14日に2回戦6試合、15日に準々決勝4試合があり、4強が決まった。

 鶴岡東(山形1位)は14日、福島成蹊(福島2位)にコールド勝ち。15日は青森山田(青森1位)を破り、5年ぶりの4強入りを果たした。休養日を挟み、17日に岩手県営である準決勝で仙台城南(宮城3位)と対戦する。

 15日の準々決勝。4点を追う六回表、2死二、三塁の好機で、2番の野川大輔選手(2年)に打席が回った。5球目の甘く入った直球を振り抜いた。「こすったかな」という打球は、左翼フェンスを越え、流れを変える一打となった。

 野川選手は今秋からベンチ入り。打席では常に「走者をためて、つなぐ意識」を心がけているという。

 県大会から打撃好調で、東北大会初戦の福島成蹊戦は4打数3安打。左足を早めに上げて、ためを作ることで「タイミングが良い感じで取れている」という。

 自身初の公式戦での本塁打は「うれしさのあまり、打った瞬間のことは覚えていない」と振り返る。

 打線は四回までに8残塁と決定打を欠いた。だが、この一打で流れを引き寄せ、七回に一挙6得点で逆転した。

 野川選手は「まずは自分の役割を果たして、目の前に集中したい」と次戦を見据えた。(鷲田智憲)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン