スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

青森)県勢3校が姿消す 秋季東北高校野球

2019年10月16日03時00分

シェア

 第72回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高野連主催、朝日新聞盛岡総局など後援)は岩手県営、花巻の両球場で14日に2回戦6試合、15日に準々決勝4試合があった。2回戦では東奥義塾と青森山田が準々決勝進出を決めたが、弘前東は敗退。準々決勝では東奥義塾が盛岡大付に、青森山田が鶴岡東(山形)にそれぞれ敗れ、この日で県勢が姿を消した。

 七回表、鶴岡東に逆転を許してなお2死一、二塁。青森山田の4番手投手としてマウンドに上がったのは、左翼を守っていた小牟田龍宝(2年)だった。

 直前に、自身の返球のミスで2失点を呼び込んでいた。3番手の山村快大(2年)に「悪い」と謝ると、「後は頼むぞ」と託された。

 しかし登板直後、鶴岡東の4番打者に甘い球をとらえられ、点差はさらに広がった。何とかして流れを取り戻そうと気合を入れ直し、その後は無失点で乗り切ったが、試合はそのまま終わった。

 公式戦で登板するのは夏の青森大会以来だった。新チームでは一度エースナンバーを背負ったが、肩を故障し、東北大会直前まで投げていなかった。この日は3番打者として初回に3点本塁打を放った小牟田に、兜森崇朗監督は「チームの柱に成長してほしい」と期待をこめた。

 小牟田には再び背番号1をつけ、甲子園のマウンドに立つという目標がある。試合後、「なんとか鍛え直して、チーム一丸となって夏に臨みたい」と話した。(吉備彩日)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン