スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

徳島)高校野球秋季県大会、徳島北が川島破り初優勝

2019年10月16日03時00分

シェア

 第72回徳島県高校野球秋季大会(県高野連主催)の決勝と3位決定戦が14日、鳴門市のオロナミンC球場であった。決勝は徳島北が秋季大会連覇を狙う川島を10―4で破り初優勝。3位決定戦は城東が12―2で小松島西に6回コールド勝ちして、初の秋季四国地区大会進出を決めた。来春の選抜大会の選考材料になる秋季四国地区大会は同球場とJAアグリあなんスタジアム(阿南市)で26日に開幕し、4県の12チームが争う。

 二回1死満塁の好機。徳島北の4番・小山歩夢君(2年)は、落ち着いて打席に入った。追い込まれた後の3球目、高く浮いた直球を右方向にはじき返した。「超えた」と手応え十分の打球に、右翼手は追いつけない。走者一掃の三塁打となり、点差は5点に開いた。第1打席には先制の適時打を放ち、この日は4打点と務めを果たした。

 準決勝までの3試合は7番だった。決勝は前日に完投したエースで4番の河野勇真主将(2年)が継投に備えてベンチスタート。1~3番は打順を動かさないという方針のもと、準決勝後、住吉圭吾監督に代役の4番を言い渡された。「不安はあったが、温泉に入ってリラックスした」。先発は1年の長尾光晟君。楽に投げさせたい思いが、チームに流れを呼ぶ一打につながった。

 今夏の徳島大会はベンチに入れなかった。それでも、重いノックバットを使っての素振りやウェートトレーニングに励んだ努力が実り、新チームで定位置をつかんだ。2本の適時打を振り返り、「勇真なら(走者を)かえしていた。代わりができてよかった」と笑った。

 河野主将は4試合を投げ26イニング2失点。防御率0点台の好投は優勝の決め手になったが、小山君は「勇真の調子次第と言われたくない」と話す。エースが本調子でない時こそ「打ってカバーできるようにして、実力で甲子園へ行く」。(高橋豪)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン