スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

富山)県勢3校敗れる 北信越高校野球

2019年10月14日03時00分

シェア

 第141回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)は13日、石川県内の3球場で1回戦8試合を行った。秋の県大会優勝の高岡向陵、高岡商(富山2位)、高岡第一(富山3位)の県勢3校はいずれも石川県勢と対戦し、惜しくも敗れた。

 ■「つなぐ打撃」意地の2安打 高岡第一 石野敬真選手

 4点リードされた九回表、高岡第一の先頭打者の石野敬真は「絶対につないで逆転する」との思いで、打席に向かった。

 今夏の富山大会、高岡第一は準々決勝で優勝した高岡商と対戦。好機をつくりながらあと一本が出ず、0―1で敗れた。この試合を見て石野は「つなげる打撃」を自身のモットーにして練習を重ねてきた。欲を出さず、着実に出塁してチームに貢献する。秋の県大会は5試合すべてに出場して、毎試合安打を放った。

 この日の相手は今夏の甲子園で準優勝の星稜。「厳しい戦いになる」と予想はしたが、「自分はとにかく出塁を狙うだけ」と臆すことなく、試合に臨んだ。

 チームは相手投手の直球を狙って攻撃をしかけた。ただ、緩急を使った投球に思うような打撃ができなかった。石野はコンパクトなスイングを心がけ、四回表には左前に安打を放った。

 九回表の打席、1ボール1ストライクからバットを振り抜くと打球は中前へ。この安打をきっかけにチームは2点をかえしたが、逆転はならなかった。

 「敗因は基礎力の差」と石野。全国レベルの強豪を破るため、「春までにこの差を埋める」と誓った。=敬称略(田添聖史)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン