スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

石川)星稜、金沢商、航空石川が2回戦へ 北信越野球

2019年10月14日03時00分

シェア

 第141回北信越地区高校野球大会は13日、県内3球場で1回戦8試合があった。星稜、金沢商、航空石川は2回戦へ進み、津幡は惜しくも敗れた。14日、星稜は敦賀(福井)と、金沢商は佐久長聖(長野)と、航空石川は敦賀気比(福井)と、4強をかけて対戦する。

 ■迷いなく手応え 本塁打 金沢商・屋敷雄太主将

 狙っていた直球が来た。金沢商の新主将は、迷いなくバットを振り切った。

 スタンドから歓声が上がる中、打球は伸び、左翼スタンドに吸い込まれた。

 三回表に打者一巡の猛攻を見せたチームをさらに勢いづける本塁打。五回表、先頭打者の屋敷雄太主将(2年)は、笑顔でダイヤモンドをまわると、力強く本塁を踏んだ。

 「投手に助けられてばかりじゃダメなのでバッティングも頑張っていこうと、チームで話していた」

 県大会の準決勝では、米沢君(同)が星稜相手に八回まで無失点。甲斐君(同)も、先発した3位決定戦で無失点の好投を見せた。

 一方、屋敷君が県大会で放った安打は2本にとどまっていた。なかなか思うような結果を出せず、「点を取れるところで取れなかった」と反省を口にしていた。

 公式戦で打席に入ると気持ちが小さくなることが多かった。迷いが出ないよう、思い切りバットを振る練習を続けてきた。「今日は打った瞬間手応えを感じた」

 リーダーシップを監督に認められ、主将に指名された。口で指示するより、自ら手本を示すタイプ。「プレーでも私生活でも、チームを引っ張りたい」

 1回戦から、それを立派に示してみせた。「目標は4連勝で選抜出場。明日もヒットを出します!」と意気込んだ。(堀越理菜)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン