スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

福井)敦賀気比と敦賀が準々決勝へ 北信越高校野球

2019年10月14日03時00分

シェア

 第141回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)は13日、石川県内の3球場で1回戦8試合があった。敦賀気比は加茂暁星(新潟)を、敦賀は長野日大(長野)をそれぞれ破り、14日の準々決勝進出を決めた。北陸は北越(新潟)に敗れた。

 ■冷静に全力投球 北陸・印牧光希君

 右翼で白球が弾む。サヨナラ勝ちを許す相手走者の生還を見届けた北陸のエース印牧(かねまき)光希君(2年)は、努めて冷静に整列へと向かった。でも、片付けを終えてベンチから引き揚げると、涙があふれ出た。

 「ベストピッチだった」(林孝臣監督)の言葉通り、今持っている力は出し切った。持ち味は外角中心の攻め。しかし、この日は「内角を攻めよう」というコーチの指示に従い、本来のスタイルとは違う攻めも織り交ぜた。

 制球は時折不安定だったが、要所を締めていく。象徴的なのは六回裏だ。ベンチから「我慢」との声が飛んだ2死満塁の場面。落ち着いて腕を振り、鋭いスライダーで遊ゴロに。遊撃手の岸本清也君(1年)に「ありがとう」と声をかけてハイタッチ。思わず笑みもこぼれた。

 八回まで2失点と試合を作ると、直後の九回表には攻撃陣が息を吹き返したような攻めを見せた。2四球に連打、相手ミスなども絡んで2得点で同点に。試合の流れを引き戻しかけて迎えた後の、サヨナラ負けだった。

 今秋に初めてメンバー入りし、エースになった。迎えたハイレベルな舞台で力を出し切れた一方で、多くの課題も痛感した。「球速も制球力も足りない。この冬で鍛え抜いて、来年の夏には必ず甲子園に行く」。そう胸に誓い、涙をぬぐった。(大西明梨)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン