スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

福島)磐城が1回戦快勝 秋季東北高校野球

2019年10月12日03時00分

シェア

 第72回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高野連主催、朝日新聞盛岡総局など後援)が11日、岩手県で開幕した。岩手県営、花巻の両球場で1、2回戦の計4試合があった。磐城は1回戦で東海大山形(山形)に6―0で快勝。台風19号の影響で12日と13日の試合は順延されるため、2回戦の残り6試合は14日にあり、学法福島が東奥義塾(青森)と、福島成蹊が鶴岡東(山形)と、磐城が能代松陽(秋田)と対戦する。

 最後の打者を遊飛に打ち取ると、磐城の沖政宗投手(2年)は空を仰ぎ、大きく息を吐いた。

 試合中、福島県大会の準決勝で八回3点リードから逆転を許した苦い経験が頭から離れなかった。「1度でも気持ちを切らせば隙を突かれる」。緊張の糸をゆるめた瞬間だった。

 「弱気は最大の敵」。グラブに書いた言葉の通り、強気の投球が持ち味だ。「相手は格上の私立校ばかり。甘い球に逃げず、勝負しよう」。東北大会に向け、捕手の岩間涼星君(2年)と話し合った。

 この日は直球やスライダーで果敢にコースを攻め、東海大山形打線を完封。九回裏の1死球以外には四死球を出さない気迫の投球を見せた。九回表には自ら適時打を放った。

 12年ぶりの秋の東北大会で、初戦を突破した磐城。沖君は「公立校として選抜に出ることに意味がある。絶対に決勝に残りたい」と意気込んだ。(飯島啓史)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン