スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

静岡)駿河総合・紅林選手、オリックスから2位指名

2019年10月18日03時00分

シェア

 17日のプロ野球ドラフト会議で、県立駿河総合高(静岡市駿河区)で遊撃手として活躍した紅林弘太郎君(3年)がオリックスから2位指名を受けた。紅林君は同校で開いた記者会見で「うれしい気持ちでいっぱい。日本を代表するような遊撃手になりたい」と意気込みを語った。

 紅林君は高校通算40本塁打の強打者として注目を集めた。186センチ84キロと大柄ながら、軽快な守備も魅力の一つで、強肩を生かした身のこなしで遊撃手としても活躍した。甲子園出場をかけた今夏の県大会で、同校は創部初の準優勝。紅林君は中軸を担い、走攻守でチームを牽引(けんいん)した。

 プロへの転機となったのは3年の春。U18日本代表候補として合宿に呼ばれ、同世代のライバルたちとプレーした。紅白戦では今夏の甲子園で準優勝した星稜(石川)のエース奥川恭伸君(3年)から二塁打を放つなど活躍し、「自信にもつながった」。一方で今年のU18ワールドカップのメンバーからは落選した。「同年代の周りの選手を見返す」という思いを原動力に、夏の大会後も練習を続けてきた。

 ドラフト当日、同校の会議室で望月俊治監督らとともに緊張した面持ちで中継を見守ったが、名前が呼び上げられた瞬間、満面の笑みを見せた。紅林君は1月に祖母ののり子さんを白血病で亡くした。「絶対にプロ野球選手になるよ」と、のり子さんの棺の前で誓った。紅林君は「これからプロの世界で活躍していくことで、(のり子さんに)その姿を見せていきたい」と話した。(和田翔太)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン