スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

京都)東山と京都翔英が近畿大会へ 秋季高校野球

2019年10月6日03時00分

シェア

 秋季府高校野球大会(府高校野球連盟主催)の準決勝が5日、京都市右京区のわかさスタジアム京都であり、東山と京都翔英が勝ち進んで、19日から奈良県で開かれる近畿大会への出場を決めた。東山と京都翔英の決勝は6日正午から、京都外大西と西城陽による3位決定戦は午前9時半から、同球場である。(高井里佳子)

 ■東山―京都外大西

 ◎…両投手の踏ん張りと好守備で息詰まる展開が続く延長戦を東山が制した。東山は十一回、敵失を足がかりに山岡の右前適時打など3安打を集中させて一挙3点を加えた。梅谷は五回以降被安打2。京都外大西は十回、中前安打で出塁した山下が三塁まで進んだが、あと一本が出なかった。

     ◇

 東山・田中陸主将 延長戦で勝ててうれしい。三回以降、点が入らずしんどい戦いだったが、継投した梅谷が粘ってくれて攻撃につなげられた。これで満足せず、決勝では気持ちをしっかり切り替えて、ここぞというときの守備で粘りを発揮して、優勝を目指したい。

 ■京都翔英―西城陽

 ◎…京都翔英が序盤のリードを守り切った。二回、4連打と犠飛などで一挙4得点。三回にも住野、大生(おおばえ)の連続安打など、四回も西岡と森岡の連続二塁打で加点した。西城陽は三回、山口の中前適時打などで2点差に追いついたが、四回以降打線がつながらなかった。

     ◇

 京都翔英・森岡大輔主将 序盤で4点取れたのは良かったがエラーが多かった。きょうは浮ついたところがあったので、決勝は冷静に集中力を切らさずに臨みたい。メンバー外の選手の分も力を出して、近畿大会に1位で出場することが目標だ。

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン