スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

埼玉)徳栄が浦学下し関東大会へ 西武台も 高校野球

2019年10月6日03時00分

シェア

 秋季高校野球県大会は5日、県営大宮球場で準決勝2試合が行われ、花咲徳栄と西武台がそれぞれ浦和学院と川口市立に勝ち、決勝進出と19日から群馬県で開かれる関東大会への出場を決めた。花咲徳栄の関東大会出場は2年ぶり、西武台は23年ぶり。決勝は同球場で6日午前10時開始予定だ。(吉岡資)

 ■花咲徳栄―浦和学院

 ◎…花咲徳栄は1点を追う九回、井上の内野安打と四死球で満塁とし、栗島の犠飛で同点。延長十回にも南、浜岡の連打などで満塁とし、井上の犠飛で勝ち越した。浦和学院は五回に里の適時打で先取点を挙げたが、六回以降は1安打に抑えられた。

     ◇

 「絶対に抑えよう」。花咲徳栄に同点に追いつかれた直後の九回表2死一、三塁。新チームになって浦和学院の背番号1を背負う三奈木亜星投手(1年)が2番手で登板した。

 多彩な変化球と140キロ台の直球が持ち味で、森士監督からは制球力の高さも評価されている。この回は追加点を許さなかったが、延長十回満塁のピンチで4番の井上朋也選手(2年)にスプリットを右翼への決勝の犠飛とされた。「高めに浮いた」と悔やんだが、「春までに球威を上げて、次こそ徳栄に勝ちたい」と前を向いた。

 ■西武台―川口市立

 ◎…西武台は四回、松木の本塁打と横江のスクイズで逆転。七回にも深田の安打や相手守備の乱れなどから4点を挙げリードを広げた。先発増田は変化球を織り交ぜ被安打3の好投。川口市立は二回に先取点を奪い四回も三塁まで走者を進めたが波に乗れなかった。

     ◇

 四回表、西武台の先頭打者で4番の松木光選手(2年)は川口市立の先発投手の高めに浮いた直球を右中間席に運んだ。「気負わずに当てることを心がけた」という一振りは、チームを勢いづける同点打に。23年ぶりの関東大会に向け、福喜多繁尊監督は「選手には胸を張って挑んでほしい」と話した。

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン