スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

千葉)習志野と拓大紅陵が関東大会出場へ 秋季高校野球

2019年10月6日03時00分

シェア

 秋季千葉県高校野球大会(県高野連など主催)の準決勝が5日、市原市のゼットエーボールパークであった。今年春夏連続で甲子園に出場した習志野が、延長十二回5―4で木更津総合にサヨナラ勝ち。一昨年覇者の拓大紅陵は4―0で専大松戸に完封勝ちした。決勝は6日午前10時からゼットエーボールパークである。習志野と拓大紅陵は、19日から群馬県で開かれる関東大会に出場する。(福冨旅史)

 ■木更津総合―習志野

 ◎…習志野が粘り強さを発揮しサヨナラ勝ちした。

 習志野は1点を先取された直後の五回、山内の右越え本塁打で同点。1点を追う七回には飴谷の左越え二塁打、宮下の内野安打などで逆転した。延長十二回、1死から小沢が左翼線二塁打で出塁し、主将角田の左翼線を破る二塁打で試合を決めた。先発の山内は変化球をテンポ良く低めに集め、171球で完投した。

 木更津総合は五回に篠木の右越え適時二塁打で1点を先取したが、終盤の好機に1本が出なかった。

 ■拓大紅陵―専大松戸

 ◎…拓大紅陵が専大松戸を完封し、2年ぶりの関東大会出場を決めた。

 拓大紅陵は初回、先頭柏木の四球、小松の左前安打と二盗で2死二、三塁とし、林登の中前打で先制。三回、四回はともに暴投の間に三塁走者が生還し、引き離した。先発竹内は切れのある直球をコーナーに投げ分け完封。全試合で5点以上をあげてきた専大松戸を寄せ付けなかった。

 専大松戸は四回途中から登板した右横手の深沢が粘投するも、打線がつながらなかった。

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン