スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

佐々木朗希「163キロ、超えたい」「まずは日本で」

2019年10月2日19時27分

シェア

 高校生最速となる球速163キロを記録した岩手・大船渡の佐々木朗希(ろうき)投手(17)が2日、岩手県大船渡市内で記者会見し、プロ志望を表明した。

 佐々木投手の記者会見での主な一問一答は次の通り。

 ――プロ志望の理由は

 「高校野球をやる中で、レベルの高いところでプレーしたいと思い、プロを志望しました」

 ――いつごろから

 「強く思い始めたのは(高校)1年生の冬からです」

 ――相談はどなたに

 「相談はしなかった。(周囲は)自分の意思を尊重してくれるので、自分の意思で決めました」

 ――どんな選手になりたいか

 「子どもたちに夢と希望を与える選手になりたい」 ――意中の球団は

 「12球団、どこでも頑張りたいと思っています」

 ――U18W杯を経験したが、海外、メジャーという選択肢は

 「今はメジャーについて考えられないので、まずは日本で頑張りたいと思っています」

 ――U18W杯で感じたことは

 「とてもレベルの高いなかで経験させていただいて、自分の実力がまだまだだと実感した。ピッチングやフィールディング、野球における全てのプレーをしっかり高めて、次のステージに行きたい」

 ――最速163キロは自身にとってどういう数字か

 「これから次のステージで野球をやる上で、超えていきたいと思っている数字。超えていけるように頑張りたいと思っています」

 ――直球へのこだわりを

 「まっすぐは、自分にとって一番自信のあるボール。これからもっと磨いて、もっといい真っすぐを投げたい」

 ――今後、プロ野球の投手として到達したいと思い描いているイメージは

 「プロに入ったらタイトルがある。それを全てとれるような投手になりたいと思っています」

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン