スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

秋田)秋田中央が敗退 高校野球県大会 8強にまず4校

2019年9月16日03時00分

シェア

 第71回秋季東北地区高校野球秋田県大会(県高野連主催、朝日新聞秋田総局など後援)は15日、秋田市のこまちスタジアムとさきがけ八橋球場で2回戦4試合があった。今夏の甲子園に出場した秋田中央は、逆転負けで初戦敗退。能代松陽、秋田南、秋田商、明桜が8強入りを決めた。16日も両球場で2回戦4試合がある。

 能代松陽は3点を追う八回、山田柊斗選手(2年)らの4連打で2点をかえし、代打の柳原海凜(かいり)選手(1年)が中越えの適時二塁打を放ち一挙逆転。先発の左腕、大高勇心投手(1年)は伸びのある直球を低めに集めて、三回以降は要所を締めた。

 秋田中央の目黒操(みさお)投手(2年)は、能代松陽の打線を七回まで散発5安打に抑え込んだ。「この冬はスタミナを付け、終盤も球の切れが落ちないようにしたい」と話した。

 秋田南は、秋田北鷹の清水直哉投手(2年)の緩急をつけた投球を攻略。2点を追う五回、寺門亮太選手(2年)の適時打や高橋大地選手(1年)の中越え2点二塁打で逆転し、試合の流れを引き寄せた。(神野勇人)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン